軟骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 軟骨とは、体を支える硬い構造のひとつで、よりも柔らかくて弾力性があるのが特徴。耳(=耳介?)や鼻などの骨組みをつくったり、関節で骨どうしが接してこすれあう部分を裏打ちして、衝撃を和らげるクッションの働きをしたりする。

言語表記発音、読み方
日本語医学軟骨なんこつ
英語cartilageーティレッジ
ラテン語連結chondr(o)- *コンドロ~
* 例えば、軟骨細胞?は chondrocyte ンドロサイト、コンドロイチン硫酸?は、軟骨基質の主成分のひとつ

 軟骨は、結合組織のひとつの軟骨組織からできている。軟骨組織は、軟骨基質の中に軟骨細胞?が点在する組織。骨と違って、軟骨内には血管が通らないので、軟骨内に酸素や栄養分が届くには、軟骨の外側からじわじわと、軟骨を通って浸透するしかない。したがって、軟骨細胞は軟骨表面からある程度以上離れると生きていけず、そのため、軟骨の厚みはある程度以上にはなれない。これが、ほとんどの軟骨が平べったい理由である。詳細は、軟骨組織の項目を。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 軟骨 | 結合組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。