組織

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 組織とは、生物の体をつくる基本単位のひとつで、決まった種類の細胞が、決まった集まり方、並び方をしてできているまとまりのこと。動物の体では、器官(臓器、内臓)をつくる材料となる。

言語表記発音、読み方
日本語医学組織そしき
英語tissueティシュー

 組織は、どういう細胞がどのような並び方・集まり方をしているかによって分類されていて、動物の体では、基本的な4つの組織に分けられる。たとえば、細胞が平面的にシート状にぴったりとくっついて並ぶ上皮組織や、収縮して力を出す筋細胞が集まってできる筋組織などあり、みな別の機能を受け持つまとまりである。体の中の器官はみな、何種類かの組織がうまく組み合わさってできている。

基本的な組織の分類

 それぞれがさらに多くのタイプに分けられる。

上皮組織
細胞が密着し、平面的なシートや立体的なかたまりをつくる
神経組織
細胞の興奮を伝えることができる神経細胞のネットワークをつくる
筋組織
収縮して力を出す筋細胞が集まってつくる
結合組織
上の3種類以外の組織。ひとことでいうと、細胞と細胞がつくった大量の物質でできているが、硬さ、弾力性、柔軟性など非常にバラエティーに富む

カテゴリー: 組織分類

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。