膝神経節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 膝神経節とは、頭部にある神経節のひとつで、第7脳神経顔面神経の途中にある脳神経節。顔面神経がのように折れ曲がっている箇所にあるので、この名がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学膝神経節しつしんけいせつ
英語geniculate ganglionジェキュレイト・ングリオン
ラテン語ganglion geniculatumガングリオン・ゲニクラートゥム

 顔面神経頭蓋から出入りするのは側頭骨の部位で、が厚くなっているので、神経が通る穴は細長い管状である(=顔面神経管)。膝神経節はこの途中にある。

 膝神経節には、顔面神経をつくる知覚性神経神経細胞体がある。顔面神経のうち、知覚性神経は中間神経とも呼ばれる。膝神経節を構成するのは中間神経の線維である。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 脳神経

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。