臍帯

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 臍帯(さいたい)とは、または𦜝帯(さいたい)とは、へその緒(へそのお)のこと。母体の子宮内にいる胎児の体のへそ?から出るひも状の構造で反対側は胎盤につながる。胎盤では、母体と胎児の間で栄養分や酸素の交換が行われる。つまり、臍帯は胎児の体の一部である。臍帯の長さは50,60cmぐらい。

 臍帯の中には、胎児血管が3本通っている。2本の臍動脈?と1本の臍静脈?。2本の臍動脈を通して、胎児は自分の血液胎盤に送り、そこで酸素や栄養を補給された血液が臍静脈を通って胎児の体に戻ってくる。

 胎児の姿勢や位置によって臍動脈や臍静脈がつぶれたり圧迫されたりしないように、臍帯の組織は柔らかいスポンジ状の組織(ワルトン膠質?またはウォートンゼリー)でできていて、中を通る血管を保護している。

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。