趾節骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

構造については、指節骨の項目にあります

 趾節骨とは、足の指節骨と同じ意味。指節骨とは、にある(=指骨)のうち、関節から関節までの部分(=指節)の骨組みを作っている骨のこと。足の指節骨だけをさすときに、「」(あしゆび、足の指の意味)の字を使って、趾節骨と呼ぶ。

言語表記発音、読み方
日本語医学趾節骨しせつこつ
足の指節骨あしのしせつこつ
英語単数foot phalanxット・ファンクス
phalanx of footファンクス・オブ・ット
toe phalanxウ・ファンクス
ラテン語単数phalanx pedis(ラテン語読み)プファランクス・ペディス
(英語読み)ファンクス・ピーディス

 「趾」は常用漢字ではないので、「足の指節骨」に置き換えられることが多い。phalanx は指節骨の意味で、手の指節骨にも足の指節骨にも使う言葉。phalanx の複数形は、英語では phalanges ファンジーズ、ラテン語では phalanges ファランゲス。

 趾骨足指骨)も、趾節骨とほぼ同じ意味で使うことが多い。ただし、厳密には、趾骨には、趾節骨のほかにも、足の指にある種子骨も含まれる。

カテゴリー: 運動器系 | | | 下肢 | | 骨格系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。