種子骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 種子骨とは、の分類のひとつで、靭帯などの内部にあるのこと。膝蓋骨の皿の骨)が有名。腱などが関節の横を回り込む部分など、腱が摩擦を受けやすい場所にできる。

言語表記発音、読み方
日本語医学種子骨しゅしこつ
英語sesamoid bone *サモイド・ウン
ラテン語単数os sesamoideum *オス・セサモイデウム
複数ossa sesamoidea *オッサ・セサモイデア
* sesamoid は、sesami(ゴマ) + oid(のような)

 種子骨はほとんどが大きさ数ミリメートルの小さなだが、例外的に大きいのが、膝頭膝蓋靭帯大腿四頭筋)の中にできる膝蓋骨(膝の皿)と手首尺側手根屈筋の腱の中にできる豆状骨手根骨のひとつ)。それ以外の種子骨は、手首から先)や足首から先)の関節にできるのが多い。人によってある人とない人がいたりする場所もあるが、たいていの人がある場所もある(例:第一指中手指節関節第一中手指節関節)、つまり親指のつけねにはみんなある)。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。