指節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 指節とは、のなかで、関節によってわけられている1つ1つの部分のこと。つまり、となりあう2つの関節の間の部分のこと。指節の間の関節は、指節間関節(しせつかんかんせつ、IP関節)という。

言語表記発音、読み方
日本語医学指節しせつ
英語・
ラテン語
単数phalanx(英語読み)ファンクス、フェイランクス
(ラテン語読み)プファランクス
複数phalanges(英語読み)ファンジーズ
(ラテン語読み)プファランゲス
- 英語、ラテン語では指節の中にある骨(指節骨)も、指節と同様、"phalanx"と呼ぶので注意

 手も足も、親指(=母指)以外の指では、指の途中に関節が2つあるので、指節は3つある。一方、親指(手でも足でも)では、指の途中の関節は1つなので、指節の数もそれにあわせて1つ少ない2つ。

 指節には名前がついており、指の根元のほうから基節中節末節という。親指の2つの指節は、基節、末節と呼ばれ、中節がない。

- 別名がある。基節:第1指節、近位指節。中節:第2指節、中指節。末節:第3指節、遠位指節

指節の骨と関節

 ひとつひとつの指節の中には、それに対応した指節骨が入っている。基節、中節、末節にある骨は、それぞれ基節骨中節骨末節骨という。

 指節骨と指節骨がつながっている関節を、指節間関節(IP関節)という。そのうち、基節骨と中節骨との間の指節間関節は、体の中心に近いので近位指節間関節(PIP関節)、中節骨と末節骨の間の関節は遠位指節間関節(DIP関節)という。親指では指節が2つで、指節の間の関節も1つしかない。基節骨と末節骨がつくるこの関節は、単に指節間関節(IP関節)という。

 手の指の根元の関節は、基節骨と中手骨との間の中手指節関節(MP関節)、足の指の根元の関節は、基節骨と中足骨との間の中足指節関節(MP関節)である。

 

カテゴリー: 体の部位 | | | | 上肢 | 下肢

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。