プロゲステロン

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が黄体ホルモンの項目にあります

 プロゲステロンとは、またはプロジェステロンとは、卵巣黄体などから分泌されるので黄体ホルモンとも呼ばれるホルモンの物質名。ステロイドホルモンの一種で、化学物質の名称としては、プレグネンジオン Pregnenedione。

言語表記発音、読み方
日本語医学プロゲステロンプロゲステロン
プロジェステロンプロジェステロン
英語progesteroneプロジェステロン
ドイツ語Progesteronプロステロン

 プロゲステロンの主な作用は、子宮の内側の壁(子宮内膜)を肥厚させ、受精卵着床しやすいようにしたり、妊娠中には胎盤からも分泌され、妊娠を維持させるように働く。このような働きをもつホルモンを黄体ホルモンと呼ぶが、体の中で実際に働いている黄体ホルモンは、プロゲステロンだけである。そのため、便宜的に「プロゲステロン=黄体ホルモン」として同じように使うことが多い。

カテゴリー: 内分泌系 | 生殖器系 | 女性生殖器系 | 卵巣 | ホルモン | 物質名 | ステロイドホルモン

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。