リンパ系

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 リンパ系とは、器官系のひとつで、免疫に関係するリンパ球が作り出され、増殖・分化する器官や、リンパ管リンパ液(リンパ)の流れなどに関連した器官をまとめて呼ぶときの言い方。免疫系というのも近い意味。

言語表記発音、読み方
日本語医学リンパ系リンパけい
英語lymphatic systemリンファティック・スィステム

 リンパ系に属する器官には、リンパ管リンパ節扁桃脾臓骨髄赤色骨髄)、胸腺など。これ以外にも、体内の多くの器官では、器官の内部にリンパ小節やリンパ球が集まったところ(=リンパ系組織)がある。

 リンパ系は、もっと大きい区分けである循環器系の中に含まれる。リンパ管は血管の構造と似ており、リンパ液は血液に合流するし、リンパ球も血球の一種である。

カテゴリー: 循環器系 | 器官系 | リンパ系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。