上行脚

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は、ヘンレ係蹄の項目にあります

 上行脚とは、腎臓ネフロンをつくる尿細管の一部分で、ヘンレ係蹄(ヘンレループ)というU字型をした尿細管のうちの後ろ半分。上行脚では、その内部を流れる尿は髄質から皮質へと上向きに通る(=上行する)。ヘンレ係蹄を作る尿細管の前半部分は下行脚

言語表記発音、読み方
日本語医学上行脚 *じょうこうきゃく
英語ascending limb (of Henle's loop) **ンディング・ム・オブ・ンリーズ・ープ **
* とは、左右のあしのように、2本伸びている構造につけられる名前
** ヘンレ Henle は、19世紀のドイツの解剖・病理学者、フリードリヒ・グスタフ・ヤコブ・ヘンレ Friedrich Gustav Jacob Henle のこと

 ヘンレ係蹄の上行脚の前半にあたる下部をつくる尿細管は、中間尿細管と呼ばれる細い管のため、この部分を細い上行脚、後半の皮質よりの部分は遠位尿細管遠位直尿細管)からできていて管が太いので、太い上行脚と呼ぶ。

カテゴリー: 泌尿器系 | 腹部 | 腎臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。