腎臓

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 腎臓とは、またはとは、腹部に左右1対ある器官で、血液を濾過して尿の元(=原尿)をつくり、これを濃縮して尿を完成させる働きがある。ソラマメのような形をしていて、長さは 10 cm またはもうちょっと大きいぐらい。器官系では泌尿器系に含まれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学腎臓じんぞう
*じん
英語 kidneyドゥニー
形容renal**ーナル
ラテン語renレン
* 熟語をつくるとき、「腎○○」の形になるほかに、単独で腎臓のことを指すときにも「腎」とだけ呼ぶこともある
** ラテン語の ren から

腎臓の場所、周囲との接続

 腎臓は、おなかの中の背中側の壁(後腹壁)の結合組織に半分埋まっている後腹膜器官。左右1対の腎臓は背骨(脊柱)の両側に少し離れて並んでいる。腎臓のある高さはおおよそ一番下の肋骨のあたり。このあたりの場所には、体の右側には肝臓が張り出しているので、その分、右の腎臓のほうが左よりもちょっと下方にあることが多い。

 腎臓には、腎動脈腎静脈という太い血管がつながっていて、常に大量の血液が腎臓内を通過し続けていて、そこから尿を作り出す。腎動脈、腎静脈はそれぞれ、大動脈大静脈下大静脈)に直接つながっている血管で、大動脈を通ってきた血液の15%は腎臓に行くといわれる。

 腎臓にはできた尿がながれていく尿管もつながっている。腎動脈、腎静脈、尿管が腎臓につながっている場所は、1か所にまとまっていて腎門と呼ばれる場所。腎門はソラマメ型の腎臓で真ん中のくぼんだあたりにある。尿管は腎臓を出た後、後腹壁を下に伝って骨盤内に入り、最終的に膀胱につながる。

 腎臓の形、大きさ、血管や尿管のつながり方にはかなり個人差があるほう。

腎臓の構造

 腎臓内は、皮質腎皮質)と髄質腎髄質)に分かれている。

  • 腎柱腎錐体腎乳頭腎盂腎盤)…
  • ネフロン腎単位)、腎小体尿細管腎細管)、近位尿細管遠位尿細管ヘンレのループ(ヘンレ係蹄、ヘンレのわな)、集合管
  • 糸球体ボウマン嚢ボウマン腔尿管極血管極たこ足細胞(足細胞)、足突起メサンギウム細胞
  • 糸球体傍装置(傍糸球体装置)、緻密斑糸球体傍細胞輸入細動脈グールマティ細胞糸球体外メサンギウム細胞

カテゴリー: 泌尿器系 | 器官 | 腹部 | 腎臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。