『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 とは、いくつかの意味で用いられることがある。使い方が面倒なので、最後の使い方のとき以外は別の言葉を使うのがよい。

目次
 
 

下肢に関係する部位名として

 「あし」の部分を指すことばとして使われる。ただし、あしのどの部分を指すかが場合によって異なることがあるので、あしを指すときには、使いにくい言葉。

「あし」全体 → 下肢を使う

 とは、あし(下肢)全体を指す言葉。これがどちらかというと普通の使い方。

  1. 太もも(=大腿
  2. すね((ひざ)からくるぶしまで = 下腿
  3. くるぶしよりも先(=

を全部あわせたものを脚と呼ぶ。この用法で使いたいときには、おなじ「あし」全体を指す下肢を使ったほうがよい。

言語表記発音、読み方
日本語医学下肢かし
自由下肢 *じゆうかし
一般 **あし
動物後肢 ***こうし
英語lower limbワー・
free part of lower limb †フリー・パート・オブ・ロワー・リム
*股関節から先の自由に動く部分だけをさすときに使う言葉。股関節よりも胴体(体幹)側の部分には、下肢を支える骨が下肢帯をつくっている。広い意味での下肢はそっちも含む
**解剖学では、下肢の意味で「あし」といわないほうがよい。(あし)といえば、足首から先の部分だけのことを指す
***動物の上肢、下肢は、前肢後肢という。ヒトでは前肢、後肢は使わない
「自由下肢」に対応する英語

すねの部分だけを指す → 下腿を使う

 この場合のとは、下肢全体を、太ももすねと区分けしたときの、すねの部分を指す。どちらかというと特殊で厳密な使い方。すねの部分をさす言葉には、下腿という用語があるので、そちらをつかったほうがよい。

言語表記発音、読み方
日本語医学下腿かたい
一般脛、臑 *すね
脛 **はぎ
***あし、きゃく
英語crus
leg ***ッグ
*むこうずね(向こう脛)
**ふくらはぎ(脹脛)
***脚、leg は下腿を指す言葉だが、下肢全体をさすこともある

あしのような形の構造

「あし」のような形をした構造に対して、「~脚」という名前がつけられていることがある。「あし」の形とは、なにかの構造の下端が、2つに分かれて足を踏ん張るような形になっている様子をさす。

言語表記発音、読み方
日本語医学きゃく
英語limb
peduncle *ペダンクル
英語・ラテン語crus(英語読み)ク
(ラテン語読み)クルス
ラテン語pedunculus *ペドゥンクルス
*おもに、の構造の名前で使う

 具体例としては、

  • 右脚(うきゃく)、左脚(さきゃく)、横隔膜(おうかくまく)の~
  • 右脚(うきゃく)、左脚(さきゃく)、房室束(ぼうしつそく、ヒス束)の~
  • 前脚(ぜんきゃく)、後脚(こうきゃく)、内包(ないほう)の~、アブミ骨の~
  • 上行脚(じょうこうきゃく)、下行脚(かこうきゃく)、ヘンレ係蹄の~
  • 陰茎脚(いんけいきゃく)
  • 小脳脚(しょうのうきゃく)
  • 大脳脚(だいのうきゃく)

カテゴリー: 体の部位 | 下肢 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。