側脳室

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 側脳室とは、中枢神経系の中にある空洞(=脳室)のひとつ。左右の大脳半球のそれぞれの内部にあるので、左右1対。左右の側脳室は、その間の間脳にある第3脳室と小さい穴(=室間孔、モンロー孔)でつながっている。

言語表記発音、読み方
日本語医学側脳室そくのうしつ
英語lateral ventricleテラル・ヴェントゥリクル
ラテン語ventriculus lateralisウェントゥリクルス・ラテラリス

 側脳室は、Jのような形をしている。Jの一番上は前頭葉の内部で、そこから頭頂葉を経て後頭葉に到達し、そこで外側に鋭角に折れて(Jターン)して、側頭葉の内部に進んで終わっている。間脳とつながる室間孔があるのは、側脳室の前端に近い、前頭葉のあたり。

 脳室の名前に、第3脳室第4脳室はあるが、第1脳室第2脳室はない。左右の側脳室が第1、第2脳室に相当するが、現在は実際にそう呼ぶことはない。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 頭頚部 | 大脳

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。