前頭葉

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 前頭葉とは、大脳の一部で、左右の大脳半球の中央部付近を上下に走る大きな中心溝よりも前方部分のこと。中心溝よりも後ろは頭頂葉

言語表記発音、読み方
日本語医学前頭葉ぜんとうよう
英語frontal lobeンタル・ウブ
ラテン語lobus frontalisロブス・フロンタリス

 とは器官をいくつかの部分に分けるときの呼び名で、大脳では表面から見える大きな溝を基準に、前頭葉、頭頂葉側頭葉後頭葉という4つの葉に分けられる。各葉の表面は大部分を大脳新皮質で覆われる。

 前頭葉には、中心溝に近い後部(中心前域)には、全身の運動を制御するニューロンが集まる運動中枢がある。運動性言語中枢などの運動に関与する中枢もある。より前方には自発性や判断力などをつかさどる連合中枢がある。

 表面のほとんどは、大脳新皮質で覆われるが、下面の一部にある嗅脳大脳古皮質である。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 大脳 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。