第3脳室

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 第3脳室とは、中枢神経系の中にある空洞(=脳室)のひとつ。左右の大脳半球をつなぐ場所にある。大脳の中心部は間脳でできていて、第3脳室は間脳の内部にある。形は、正中に沿ってひろがる左右に平べったい隙間。第3脳室の壁には、前方の左右には、左右の側脳室につながる穴(=室間孔、モンロー孔)が1対開いており、後下方で、中脳水道につながっている。

言語表記発音、読み方
日本語医学第3脳室*だい3のうしつ
英語third ventricleード・ヴェントゥリクル
III ventricle
ラテン語ventriculus tertiusウェントゥリールス・ルティウス
ventriculus III
* 「第3」の数字は、「第三」と漢字で書いたり、「第III」とローマ数字で書いたりもする。その他、図などの中では略称として、「 III 」などとと書かれることがある

 第3脳室のまわりの壁は上(背側)、後方と下(腹側)で薄くなっている。第3脳室の壁に隣接しているのは、みな間脳に属する部分で、松果体尾状核視床視床下部下垂体など。

 ちなみに、第4脳室はあるが、第1脳室第2脳室というなまえのものはない。第3脳室の前方には左右の側脳室がつながっていて、これが第1、第2脳室に相当するが、そう呼ぶことはない。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 頭頚部 | 番号付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。