側頚部

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~
 

 側頚部とは、または側頸部とは、頚部(頸部、くび)の側面の場所のこと。頚部を、前頚部側頚部後頚部と3つに分けることができる。前頚部と側頚部の境界は胸鎖乳突筋がつくる。側頚部と後頚部の境界は僧帽筋のふち(外側縁)がつくる。ただし、側頚部に胸鎖乳突筋の場所が含まれる使い方(広い意味)と、含まれない使い方(狭い意味)があって、あいまいである。

言語表記発音、読み方
日本語医学側頚部側頸部*そくけいぶ
英語latral cervical regionテラル・ーヴィカル・ージョン
ラテン語regio cervicalis lateralisレギオ・ケルウィカリス・ラテラリス
* 「頚」は「頸」の略字(異体字)なので意味・読み方は同じで、どちらを使ってもよい

広い意味の側頚部

 頚部前頚部、側頚部、後頚部の3つに分けるとき、側頚部と後頚部の境界は僧帽筋の縁(外側縁)がつくる。僧帽筋のあるところが後頚部で、僧帽筋のないところが側頚部。一方、前頚部と側頚部の境界は胸鎖乳突筋がつくる。胸鎖乳突筋の前縁が境界となるため、胸鎖乳突筋におおわれる場所は側頚部に含まれる。この意味では、側頚部は、胸鎖乳突筋におおわれる場所(=胸鎖乳突筋部)と、胸鎖乳突筋と僧帽筋との間の場所(外側頚三角)をあわせた場所である。

図:広い意味の側頚部(左斜め前から見たところ) *1
広い意味では、側頚部(赤色   )は、点線の左側(前方)の胸鎖乳突筋のあるところと、点線の右側(後方)は胸鎖乳突筋と僧帽筋のすき間の2つの場所をあわせた場所のこと
広い意味の側頚部

狭い意味の側頚部

 頚部のうち、後頚部以外の場所は、まとめて前外側頚部と呼ばれる。前外側頚部は、斜めに走る胸鎖乳突筋によって前後2つの三角形に分けられ、胸鎖乳突筋よりも前方の場所を前頚三角、胸鎖乳突筋よりも後方を外側頚三角(=後頚三角)と呼ぶ。前頚三角の別名が前頚部、外側頚三角(=後頚三角)の別名が側頚部である。つまり、狭い意味での側頚部には胸鎖乳突筋のある場所は含まれない。  狭い意味での側頚部は、外側頚三角(外側頚三角部)といったほうが誤解しない。

図:狭い意味での側頚部(左斜め前から見たところ) *2
狭い意味の側頚部(赤色   ) は、外側頚三角の別名である
狭い意味での側頚部

カテゴリー: 体の部位 | 頭頚部


*1 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*2 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。