内反

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 内反とは、

  1. なにかが内側(うちがわ)にそりかえったり、でっぱたりすること
  2. 足関節の運動の向きのこと=内返し
  3. (本来はそう曲がれないはずの)関節が無理に内側に曲がって変形していること

などの意味で使われている。どの意味でも、対義語は外反

1. 内側にそる、曲がる、でっぱるなど

 この意味での内反は、広い意味で、いろいろなところで使われる。

言語表記発音、読み方
日本語医学内反ないはん
英語entropionエントゥピオン

2. 足関節の回外のこと(=内返し)

言語表記発音、読み方
日本語医学内反ないはん
外返しうちがえし
英語inversionインヴァージョン

 解剖学では、足関節の運動で、足底を内側に向ける運動(=主として回外、これに内転底屈も加わる)を主に起こす距骨下関節の運動を内反と呼ぶことがあるが、次の3の意味と紛らわしいので、臨床ではこの言い方を使わず、内返しという。

3. 関節が無理に内側に曲がること

 ある関節から先が内側(ないそく)に無理に反るように曲がっていること、またはそのように変形した状態をいう。

言語表記発音、読み方
日本語医学内反はいはん
英語・ラテン語varus(英語読み)ヴェイラス
(ラテン語読み)ウァルス

 内反は、その関節が本来はその方向には曲がらないようにできているときに、無理な力がかかるなどして曲がってしまうことをいう。先天性の内反足など。

カテゴリー: 方向 | 運動

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。