内転

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 内転とは、関節などの運動の向きについての用語。ある関節が動くとき、関節の先の部分が、「運動の基準となる構造」に近づくような運動の向きのこと。上肢下肢やそのなどで考えることができる。対義語は外転

言語表記発音、読み方
日本語医学内転ないてん
英語adduction*クション
* adduction の一般的な意味は「引用」、「引っ張ってくる」こと

 関節に主に内転の動きをさせる筋を、内転筋と呼ぶことがある。

内転の例

上肢の関節手首の関節、下肢のの関節や足首の関節

 基準となるのは、体の左右の中心(正中)。その運動によってその関節から先の部分が、体の左右の中心線に近づく向きに動く運動のこと。例)立っていて、休めの姿勢から気をつけの姿勢になるとき、あし(下肢)を閉じる運動は、両あしを体の中心に近づける運動なので、股関節の内転である。

の指の根元の関節

 その運動によって、その指が「手や足の正中」に近づくような向き、つまり、開いていた指を閉じる方向の運動のこと。つまり、親指と小指では、内転の向きは反対になる。手指の運動の基準は中指(第3指)、足指では第2指(足のひとさし指)。

カテゴリー: 方向 | 運動

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。