副鼻腔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 副鼻腔とは、鼻の穴の中(鼻腔)とつながっている、行き止まりの空洞のこと。前頭洞上顎洞蝶形骨洞篩骨洞など何個かあって、それらをまとめて呼ぶ言い方。

言語表記発音、読み方
日本語医学副鼻腔ふくびくう *
医学以外ふくびこう
英語複数paranasal sinusesパライザル・イナスィズ
ラテン語sinus paranasalesスィヌス・パラナーサーレス
* 「腔」を「くう」と読む読み方は、医学の分野だけで行われる読み方で、辞書には載っていない。それ以外の分野では、「ふくびこう」と読む

 鼻腔は、その周囲を頭蓋骨で囲まれている。このには、内部が空洞で鼻腔につながっている穴がある。これが副鼻腔である。鼻腔を囲む頭蓋骨のうち、前頭骨にあるのが前頭洞上顎骨にあるのが上顎洞蝶形骨にあるのが蝶形骨洞篩骨にあるのが篩骨洞。副鼻腔はどれも、鼻腔とのつながる穴が小さく、内部の空洞が広い。副鼻腔の内側の表面は、鼻腔から続く上皮が覆っている。

 いくつかある副鼻腔のうち、上顎洞がもっとも大きい。上顎洞は鼻腔の高さ、鼻腔の外側に並んでいるが、他の副鼻腔は鼻腔の上、目に近い高さにある。鼻腔と上顎洞がつながる穴は鼻腔の上の方にあり、上顎洞の中に分泌物などがたまると、流れ出していきにくい(副鼻腔炎)。

カテゴリー: 呼吸器系 | 頭頚部 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。