篩骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 篩骨とは、頭蓋骨のひとつ。頭蓋を外から見ても見えない奥のほうにある小さなで、おおよその場所は左右のの間(眉間、みけん)の奥のほうに1個ある骨。眼窩鼻腔頭蓋腔に面している。篩骨の内部には篩骨洞という副鼻腔の小さな空洞がいくつもあるので、含気骨(穴の開いた骨)に分類される。

言語表記発音、読み方
日本語医学篩骨しこつ
英語ethmoidスモイド
ethmoid boneスモイド・ウン
ラテン語os ethmoidaleオス・エスモイダーレ

 篩骨の下部は鼻腔(鼻の穴)の上部をつくるが、鼻腔の天井のほかに、内側では鼻中隔(のうち、骨でできた部分)をつくる。また、外側では上鼻甲介中鼻甲介は篩骨がつくる。

 左右の端は両側の眼窩に面していて、眼窩の内側壁を作る。

 上面は頭蓋腔前頭蓋窩に面し、大脳嗅球がちょうど篩骨の上に位置する。第1脳神経嗅神経鼻腔から嗅球に向かうとき、篩骨にあいた数十個の穴に分かれて通る。篩骨の穴だらけの部分を篩板(しばん)という。篩骨の名前の由来は、小さな穴がたくさん開いた篩板が、篩(ふるい)のように見えるから。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 頭蓋 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。