口唇

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

くちびるでこの項目を参照しています

 口唇とは、くちびるのこと。口の中の空間(口腔)と、顔の外側の境界をつくる。上くちびる(上唇)と下くちびる(下唇)がある。口唇に囲まれた穴の部分を口裂という。

言語表記発音、読み方
日本語医学口唇こうしん*
くちびる
英語lipップ
labiumイビアム
ラテン語labium oris *ラビウム・オーリス
* 上唇下唇をあわせて呼ぶときは、複数形で呼ぶ。labia oris ラビア・オーリス

 口唇は、口腔前庭(口の中で、より外側の空間)の前の壁をつくっている。内部には骨はないが、口輪筋があり、口の形を変えるときに使う。口唇の表面は、口の中に面する部分は口腔粘膜で、重層扁平上皮。その表面は唾液で濡れている。顔の外側に面する部分は、皮膚である。その間の移行部が、くちびるの赤い部分(狭い意味でのくちびる)で、赤唇縁(せきしんえん)という弱く角質化している。口の中に面した部分には、口唇腺という小唾液腺がちらばって埋まっている。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 呼吸器系 | 頭頚部 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。