回腸

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 回腸とは、消化管の一部の内臓で、小腸の中の最後の部分。小腸は、十二指腸空腸、回腸からできている。食べ物の通る順で言うと、十二指腸 → 空腸 → 回腸 → 大腸となる。小腸は、全部で 6 m ほどの長さがあるが、最初の 25 cm 程度が十二指腸、残りのうち、5分の2程度が空腸、5分の3程度が回腸。

言語表記発音、読み方
日本語医学回腸かいちょう
英語・ラテン語ileum *(英語読み)リアム
(ラテン語読み)イレウム
ラテン語intestinum ileumインテスティヌム・イレウム
* ileum は、ラテン語の intesutinum ileum を省略した形。ギリシャ語で「曲がりくねった」の意味
図:回腸の位置(黄緑色)*1
回腸の位置

 回腸のはじまりは空腸とつながっているが、空腸と回腸との区別ははっきりしておらず、だんだんと空腸っぽいのが回腸っぽくなる。空腸と回腸の違いは空腸の項目に。

 一方、回腸の終り(=小腸の終り)は、細い小腸が太い大腸につながるので、はっきりしている。つながるところは、回盲弁(=バウヒン弁)といい、回盲弁の場所が大腸の盲腸結腸の境界になっている。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 腹部 | 小腸 | 器官


*1 Source: an illustration provided by National Cancer Institute, USA, reproduced and modified.
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。