結腸

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 結腸とは、大腸のほとんどを占める部分の名前。大腸は、消化管の一部で小腸の後、肛門へと続く最後の部分。大腸のうち、小腸に近い部分の盲腸虫垂、肛門の手前の直腸を除いた部分をまとめて呼ぶ言い方。

言語表記発音、読み方
日本語医学結腸けっちょう
英語colonロン

 結腸は、上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸に分けられる。

 結腸の断面は、内側の空洞に近い側から粘膜粘膜下組織筋層がある。粘膜には、内側に面して絨毛がないのが特徴。腸腺腸陰窩)が粘膜を覆っている。腸腺の表面の粘膜上皮には杯細胞が多い。筋層は2層の平滑筋でできている。外側の筋層は縦走筋だが、結腸のまわりの3ヶ所に集まり、帯状に盛り上がっていて結腸ひもと呼ばれる。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 器官 | 腹部 | 大腸

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。