多列上皮

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

偽重層上皮でこの項目を参照しています

関連する内容が上皮の項目にあります

 多列上皮とは、または、偽重層上皮とは、上皮の分類のひとつで、細胞の配列のしかたによるもの。上皮の中に細胞(核)が2列以上に並ぶように見えるが、実は細胞が積み重なっているわけではない上皮。

言語表記発音、読み方
日本語医学多列上皮たれつじょうひ
偽重層上皮ぎじゅうそうじょうひ
英語pseudostratified epithelium *シュード-ストゥティファイド・エピスィーリアム
* pseudo は「ニセの」の意味。pseudostratified は偽重層の意味

 多列上皮は、細胞が1層に並ぶ単層上皮と、細胞が何層にも積み重なる重層上皮の中間的な性質の上皮。 上皮の断面を顕微鏡で見ると、上皮の底面をつくる基底膜の近くから、上皮の表面の近くまで、細胞が(あるいは細胞核が)何層にも層をなしているように見えるので、一見、重層上皮のような外見。ただし、重層上皮では細胞がほんとうに積み重なっているのに対し、多列上皮ではすべての細胞が基底膜に接していて、細胞により背の高さ(縦の長さ)が異なるためにそう見えるだけというのがわかっている。背の高い細胞が上皮の壁をつくり、上皮の機能をになっていて、背の低い細胞は、予備の細胞のことが多い。背の低い細胞は上皮の基底部にあることから、基底細胞という。

 多列上皮では、上皮の表面に達する、背の高い方の細胞の形が、大抵の場合、円柱形である。詳しい呼び名は多列円柱上皮であるが、円柱が省略されることもある。

カテゴリー: 上皮組織 | 組織分類

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。