大動脈裂孔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 大動脈裂孔とは、横隔膜に開いた3つの穴のうちの一つで、大動脈胸管などが通る穴。裂孔とは裂け目のような穴の意味だが、大動脈に裂け目があるわけではなく、裂け目があるのは横隔膜。

言語表記発音、読み方
日本語医学大動脈裂孔だいどうみゃくれっこう
英語aortic hiatus *エイオーティック・ハイエイタス
ラテン語hiatus aorticus *アートゥス・アオールティクス
* hiatus は、裂孔(ある構造の間にできた裂け目のような穴)の意味

 横隔膜に開いた穴は前から順に大静脈孔食道裂孔大動脈裂孔の3つ。大動脈椎骨のすぐ前を通っているので、横隔膜が体壁とつながる際に邪魔になる。横隔膜が体壁とつながるとき、大動脈をよけてつながるので、大動脈を囲むところが穴になる。大動脈の左右で横隔膜と体壁がつながるところを(横隔膜の)内側脚と呼ぶ。左右の内側脚から起こる横隔膜のが、腱弓をつくって大動脈の周りを囲んでいるのが大動脈裂孔。

 内側脚のさらに外側には大腰筋が通り、大腰筋の外側で横隔膜体壁とつながる場所は(横隔膜の)外側脚という。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 胸部 | 腹部 | 呼吸器系 | 循環器系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。