大腰筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が腸腰筋の項目にあります

 大腰筋とは、背骨(脊柱)と大腿骨をつないで、大腿前方に引き上げ、股関節屈曲する働きをする(股関節の屈筋)のひとつ。となりにある腸骨筋とまとめて、腸腰筋と呼ばれる。歩いたり走ったりするときに、足を前に上げるのに重要な筋なので、これが弱ると足があまり大きく上がらず、つまづきやすくなる。

言語表記発音、読み方
日本語医学大腰筋だいようきん
英語greater psoas muscleイター・ーアス・ッスル
psoas major (muscle)ーアス・メイジャー(・ッスル)
ラテン語musculus psoas majorムスクルス・プソアス・マヨール
図:大腰筋(前から見たところ) *1
大腰筋
図:大腰筋(後ろから見たところ) *2
大腰筋

 大腰筋の起始脊柱のうち、第12胸椎から第5腰椎までから起こり、の上半分は骨盤内を通る。鼠径部筋裂孔を通って大腿の前面に出て、最後は大腿骨小転子停止する。大腰筋の運動は、腰神経叢支配される。上部は腰神経叢からの枝で、下部は同じく腰神経叢由来の大腿神経支配。

図:大腰筋と大腰筋のつく骨 *3
大腰筋(赤  )の起始は椎骨(緑色  )のうち、第12胸椎から第5腰椎の横突起。停止は大腿骨(青色  )の小転子
大腰筋

 大腰筋と、そのとなりにある腸骨筋とまとめて、腸腰筋と呼ぶ。大腰筋のとなりに小腰筋が並んでいる場合もある。

図:大腰筋と腸骨筋 *4
大腰筋(ピンク  )と、腸骨筋(オレンジ色  )をあわせて腸腰筋と呼ぶ
大腰筋

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 腹部 | 下肢 | 大腿


*1 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*2 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*3 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*4 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。