大泉門

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が頭蓋泉門の項目にあります

 大泉門とは、胎児から乳児の頭のてっぺん(頭頂)やや前方にあるのない菱形の部分のこと。前頭骨頭頂骨に囲まれた部分で、成長とともに周囲から骨が広がってきてふさがってなくなる。

言語表記発音、読み方
日本語医学大泉門だいせんもん
一般ひよめき*ひよめき
英語anterior fontanelleアンティリアー・フォンタ
ラテン語fonticulus antriorフォンティクルス・アンテリオール
* 泉門(大泉門、小泉門などの総称)に対応する言葉として。脈拍に対応して、ぴょこぴょこと上下する動きから付けられた呼び名

 骨のない部分は、やわらかい膜状の結合組織でおおわれているので、指で触るとへこむのがわかる。このような場所は、大泉門の他に、頭頂骨と後頭骨の間にある小泉門などいくつかある。頭蓋泉門(泉門)という。

 胎児新生児前頭骨は、左右2つに分かれている。大泉門は、左右の前頭骨と左右の頭頂骨の、あわせて4つの骨の中心に空いているすきまである。また、この場所は、前頭縫合(左右の前頭骨の間の結合)、冠状縫合(前頭骨の後縁と頭頂骨の前縁の間の結合)、矢状縫合(左右の頭頂骨の間の絵結合)の交わる場所でもある。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 頭蓋 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。