小脳

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 小脳とは、中枢神経系に属するの部分のひとつで、ヒトの脳では大脳の次に大きい部分。大脳は脳の大部分を占めているが、それよりも後下方、後頭部?の中にある。体の運動?の調節を行う中枢?として、脳幹など、脳のほかの部分を制御する場所である。

言語表記発音、読み方
日本語医学小脳しょうのう
英語・ラテン語cerebellum*(英語読み)セリラム
(ラテン語読み)セレベルム
* ラテン語で「脳」を意味する cerebrum(大脳)の語尾が、小さいもの(小さい脳)を意味する -llum になったもの

小脳の位置

 後頭部を触ったとき、首(頚部)の後ろ側の上にあるふくらみは、内部に小脳がある箇所である。

 小脳は、脳幹と接続されている部位で、脳幹、特にの背側にある。小脳と橋との間には、第4脳室がある。それを囲むように、小脳と他の脳幹の部位とをつなぐ太い線維束がある。上方から順に、上小脳脚?中小脳脚?下小脳脚?が左右1対をなして、それぞれ中脳、橋、延髄との間を接続している。

小脳の構造

小脳の分け方

 もっとも原始的な小脳を原小脳(原始小脳)、次に古い部分を古小脳、新しい部分を新小脳という分け方がある。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 小脳? | 頭頚部 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。