抗利尿ホルモン

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は、バソプレシンの項目にあります

 抗利尿ホルモンとは、バソプレシンとも呼ばれるホルモンアミノ酸 9コからなるペプチドホルモンで、下垂体後葉から分泌される。作用は大きく2つあり、どちらも血圧を上げる作用である。ひとつは、水分がより多く体内に保持されることで血圧が上がるように、腎臓で尿がつくられる途中で尿から水分を再吸収させて、尿を濃くし、つくられる尿量を減らす作用、もうひとつは、全身の血管を収縮させて血圧を上げる作用である。1つ目の作用に対して付けられた名前が 抗利尿ホルモンで、バソプレシンの名前は、2つ目の作用(血管(vaso)を締め付ける(press))に表れている。

言語表記発音、読み方
日本語医学バソプレシン、バソプレッシン
抗利尿ホルモン*こうりにょうホルモン
英語vasopressin**ヴェイゾ-プッスィン
antidiuretic hormone***エンティ-ダイウティック・ホーモン
略語VPヴィー・ピー
AVPエイ・ヴィー・ピー
ADH***エイ・ディー・エイチ
* 抗利尿とは、利尿(=尿をつくるのを促進する)を抑える、という意味。「抗利尿ホルモン」と「バソプレシン」はふつうは全く同じ意味で区別せずに使うが、「抗利尿ホルモン」はその作用に対して付けられた名前で、具体的な物質名としては「バソプレシン」である
** vasopressin は、vaso- が「血管の」、pressin が press(圧迫)するもの。vasopressor (ヴェイゾ-プレッサー)は昇圧剤の意味
*** 抗利尿ホルモンに対応する英語名、この略語は ADH (antidiuretic hormone)
VP は、vasopressin の略。AVP は アルギニンバソプレシン(arginine vasopressin)の略で、8番目のアミノ酸がアルギニンになっている、「ヒト型のバソプレシン」を指す。ブタなどの一部の哺乳類で、8番目のアミノ酸がリジンである「リジンバソプレシン」(LVP)と区別するときに使う

カテゴリー: 内分泌系 | 物質名 | ホルモン | オリゴペプチド | 下垂体 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。