分泌

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 分泌とは、生きている細胞器官がもっている働きのひとつで、細胞の一部であった物質を細胞からその外側に送り出すこと。分泌されるもののことを分泌物という。

言語表記発音、読み方
日本語医学分泌ぶんぴつ、ぶんぴ
英語 secretionスィクリーション
形容secretory*スィクリートゥリィ
* 「分泌性の~」の意味。ちなみに「秘書」は secretary クレタリィ。スペルもイントネーションも違う

 分泌とは、その細胞が分泌物を細胞の外に放出するところだけでなく、その前の段階も全部含んで呼ぶことが多い。つまり、細胞が分泌物を細胞内で合成する過程や、細胞外からその物質や原料の物質などを取り込んだり、といった準備の段階までを広く含んで考える。

 分泌の例としては、唾液腺から唾液が口の中(口腔)に出されることや、甲状腺副腎といった器官からホルモンが血液中に出されるなどが該当する。こういった特徴的な分泌物を分泌することを主な働きにしている器官あるいは細胞の集まりのことを(分泌腺)という。

分泌の形式

 分泌現象は、細胞や分泌物によって千差万別で、分泌する方式によって分けて考える。

カテゴリー: | 分泌

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。