ペプチドホルモン

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 ペプチドホルモンとは、ペプチド、つまりアミノ酸がつながってできているホルモンのこと。数個のアミノ酸がつながっているだけの短いペプチド(オリゴペプチド)から、数十個から数百個のアミノ酸からできているポリペプチドまで含まれる。ポリペプチドとは、つまりタンパク質なので、タンパク質ホルモンはペプチドホルモンに含まれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学ペプチドホルモン
英語peptide hormoneプタイド・ーモン

 タンパク質ホルモンのうち、アミノ酸がつながってできたペプチドだけでなく、それに糖分子(糖鎖)が結合している場合、つまり糖タンパク質でできたホルモンはペプチドホルモンには含めないことがある。また、構成するアミノ酸の数が少ないものだけをペプチドホルモンと呼び、アミノ酸の数が100を越えるぐらいの巨大なタンパク質ホルモンを含めないこともある。

ペプチドホルモンの一覧

 ペプチドをつくるアミノ酸の数の順番に並べた表

ペプチドホルモンの名前アミノ酸の数
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン3
バソプレシン9
オキシトシン9
性腺刺激ホルモン放出ホルモン10
αメラニン細胞刺激ホルモン13
ガストリン17
モチリン22
セクレチン27
グレリン28
ソマトスタチン14または28
心房性ナトリウム利尿ペプチド28など
グルカゴン29
グルカゴン様ペプチド130
カルシトニン32
脳ナトリウム利尿ペプチド32
コレシストキニン8または33
副腎皮質刺激ホルモン39
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン41
胃抑制ペプチド43
成長ホルモン放出ホルモン44
インスリン21+30=51
副甲状腺ホルモン84
レプチン146
成長ホルモン191
プロラクチン199

カテゴリー: 内分泌系 | 物質名 | ホルモン

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。