椎間円板

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

椎間板でこの項目を参照しています

 椎間円板とは、または椎間板とは、1つ1つの椎骨どうしの間にはさまっていて、クッションの働きをする円板状の構造。軟骨などからできている。椎骨と椎間円板がたくさん交互に積み重なって、背骨(=脊柱)をつくっている。

言語表記発音、読み方
日本語医学椎間円板ついかんえんばん
椎間板ついかんばん
英語intervertebral diskインターヴァーテブラル・ディスク
ラテン語discus intervertebralisディスクス・インテルウェルテブラリス

 椎骨の椎体という円形の部分の間にはさまっており、椎体と同じまるい輪郭をしている。背の低い円柱状で、ダルマ落としの駒、あるいは大判焼きのような形をしている。椎間円板の外側をつくっているのは、線維軟骨という種類の軟骨で、その内側には髄核というゼリー状の部分がある。このため、椎間円板は弾力性があり、体を回したり、ねじったり、どちらかに曲げたり、といった脊柱の動きに応じて形を変えたり、ジャンプ→着地などのように脊柱に縦方向の力がかかるときには、その衝撃を吸収する働きがある。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 脊柱 | 軟骨 | 関節 | 頭頚部 | 胸部 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。