脊柱

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

背骨脊椎でこの項目を参照しています

関連する内容は、椎骨の項目にもあります

 脊柱とは、または、脊椎とは、背骨の全体のこと。背中の左右の中心(=正中)を、頭蓋の下の頚部から、おしりまでつながっている。

言語表記発音、読み方
日本語医学脊柱*せきちゅう
脊椎*せきつい
一般背骨せぼね
英語 vertebral columnヴァーテブラル・ラム
spinal columnイナル・ラム
vertebrae**ヴァーテブリー、ヴァーテブライ
spine***イン
一般backbone†ックボウン
ラテン語columuna vertebralisコルムナ・ウェルテブラリス
* (セキ)は、背中の「背」(せ、ハイ)とは別の字で、「トゲトゲしたもの」の意味。1個1個の椎骨がでっぱり(突起)が多くトゲトゲした形をしているから
** vertebrae は、vertebra ヴァーテブラ(椎骨)の複数形で、脊柱全体を指す言い方
*** spine はトゲの意味。ちょっとくだけた言い方
† 「背骨」に相当する言い方

 脊柱は、1本の長い骨ではなく、ダルマ落としのコマのような小さな骨(椎骨)がたくさん(20個以上)積み重なり、連なってできている。1個1個の椎骨の間にはぶあつい椎間円板(椎間板)という軟骨がはさまれていて、そこで関節をつくって積み重なっている。体重を支えて姿勢を維持し、また体を曲げたり回したりひねったりするときには、その運動の軸となる。

図:脊柱(左斜め前から見たところ) *1
脊柱(赤)は、椎骨(1つ1つの赤い部分)と腰の部分では仙骨が縦に連なってできる。それぞれの椎骨をつなぐのは椎間円板(=椎間板)(黄色)である
脊柱
図:脊柱(左斜め後ろから見たところ) *2
脊柱(赤)は、全体として緩くS字状のカーブを描いている。脊柱の上には頭蓋が乗っていて、胸部では肋骨や上肢を支える骨、腰部には骨盤がつながる
脊柱

 また、椎骨1個1個の形はリング状になっていて、みな穴が開いている。この穴を椎孔というが、これがたてに連なって細長い管状の空間を作っている。これを脊柱管という。脊柱管にはとつながっている脊髄が通っている。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 脊柱 | | 頭頚部 | 胸部 | 腹部


*1 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*2 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。