海綿骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 海綿骨とは、または海綿質とは、骨組織の構造のひとつで、硬い骨の部分が網の目のように張り巡らされた、スポンジ状の骨のこと。そのすき間には柔らかい骨髄が入り込んでいる。網の目状になった細い骨の部分を骨梁( trabecula )という。骨組織には、この海綿骨の他に、全体が硬い骨だけからできている部分である緻密骨(緻密質)がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学海綿骨かいめんこつ
海綿質かいめんしつ
英語spongy bone *ンジー・ーン
cancellous bone *キャンセラス・ーン
trabecular bone *トラキュラー・ーン
ラテン語substantia spongiosa **(英語読み)サブスタンシア・スポンジオーサ
(ラテン語読み)スブスタンティア・スポンギオサ
substantia trabecularis **(英語読み)サブスタンシア・トゥラべキュラリス
(ラテン語読み)スブスタンティア・トラベクラリス
* 海綿骨に対応
** 海綿質に対応

 通常、の表面には、硬い骨組織がみっしり詰まっている緻密骨(緻密質、皮質骨)があり、海綿骨は、その内部で骨髄に接する部分にある。ここでは、硬い骨組織がスポンジ状に穴だらけになっていて、すき間に入り込んでいるのは、骨の内部にある骨髄の組織である。骨髄は血球をつくる場所で、年齢とともに次第に脂肪組織に置き換わってくる。

カテゴリー: 結合組織 | 運動器系 | 骨格系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。