骨髄

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 骨髄とは、の内部に空洞がある場合、その空洞を埋めているもののこと。空洞そのものを骨髄腔という。赤血球白血球のもとになる多種類の細胞脂肪細胞などが詰まっていて、その中を細い血管が豊富に走る。構造は全体としてやわらかく不定形。骨髄をつくる組織骨髄組織というが、骨髄を器官として考えることもある。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨髄こつずい
英語bone marrowウン・ロウ
ラテン語medulla ossiumメドゥラ・オスィウム

 赤血球白血球のもとになる細胞が豊富に含まれる骨髄を、赤色骨髄という。脂肪細胞ばかりが含まれる骨髄を黄色骨髄という。骨髄移植のために採取するのは赤色骨髄でないといけない。子どもの頃は多くの骨に赤色骨髄があるが、成長とともに黄色骨髄だけの骨が増える。

カテゴリー: 循環器系 | リンパ系 | 器官 | 血液 | 結合組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。