神経叢

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 神経叢とは、体を走る末梢神経が、何本も途中で合流(吻合?)したり分岐したりしてつくる構造のこと。神経叢には、数本の神経が途中でくっついただけのような単純な構造のものから、無数の細い神経がからまったように網目をつくっているものまで、色々な種類がある。また、神経叢内に神経細胞体が含まれるものと、神経線維だけで神経細胞体が含まれていないものがある。神経叢も末梢神経系に含まれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学神経叢しんけいそう
英語nerve plexusーヴ・プクサス
ラテン語plexus nervosusプレクスス・ネルウォスス

 代表的な神経叢には、

  • 脊髄神経前枝?がつくる神経叢(頚神経叢腕神経叢腰神経叢?仙骨神経叢?など)、このタイプの神経叢には神経線維のみで、神経細胞体はない
  • 自律神経がつくるもの
    • 内臓の周囲につくるもの(腹大動脈神経叢?上下腹神経叢?など)
    • 内臓の内部でつくるもの(粘膜下神経叢?筋層間神経叢?など) などがある。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。