肩甲背神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 肩甲背神経とは、腕神経叢から出る神経のひとつ。脊柱から肩甲骨を支える3つの肩甲挙筋小菱形筋大菱形筋支配する。

言語表記発音、読み方
日本語医学肩甲背神経けんこうはいしんけい
英語dorsal scapular nerveーサル・スピュラー・ーヴ
dorsal nerve of scapulaーサル・ーヴ・オブ・スピュラ
ラテン語nervus dorsalis scapulae,
n. dorsalis scapulae
ネルウス・ドルサリス・スカプラエ

 腕神経叢を構成する脊髄神経前枝のC5〜C8、T1のうち、主にC5を主成分とする。脊髄を出たあとその近くで分かれ、肩甲骨内側へすすむ。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 脊髄神経 | 胸部 | 上肢帯

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。