肩甲挙筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 肩甲挙筋とは、背部浅層にあるのひとつ。背骨(脊柱)の首の上のほうから、肩甲骨を引っ張り上げる筋。

言語表記発音、読み方
日本語医学肩甲挙筋 *けんこうきょきん
英語levator scapulae (muscle) *ヴェイター・スピュリー(・ッスル)
levator (muscle) of scapula *ヴェイター(・ッスル)・オブ・スピュラ
elevator muscle of scapula *レヴェイター・ッスル・オブ・スピュラ
ラテン語musculus levator scapulae *,
m. levator scapulae
ムスクルス・レウァトール・スカプラエ
* levator は 挙筋(持ち上げる働きのある筋)のこと。elevator も同じ意味
図:肩甲挙筋(ま後ろから見たところ) *1
肩甲挙筋
図:肩甲挙筋(右斜め後ろから見たところ) *2
肩甲挙筋

位置、起始と停止

 肩甲挙筋は首の後ろ(項部)から背中の上部(上背部)にかけてある。脊柱頚椎のうち、第1~第4頚椎の横突起から起こる。外下方に斜めにのびて、肩甲骨上角肩甲棘の内側の一部につく。

図:肩甲挙筋と肩甲挙筋のつく骨 *3
肩甲挙筋(ピンク  )の起始は椎骨(緑色  )のうち、第1~第4頚椎の横突起に、停止は肩甲骨(青色  )の上角と肩甲棘の内側の一部
肩甲挙筋

働き

 肩甲骨を内上方に引っ張り上げる。をすくめる動き、胸を張る動きなど。また手で重いものを持つときや肩にものを掛けるときなどに、肩甲骨を保持する働きなど。

 同じく肩甲骨内側に引き上げる小菱形筋大菱形筋がある。反対に肩甲骨を外下方に引っ張る筋には前鋸筋がある。

図:肩甲挙筋とその兄弟筋 *4
小菱形筋(ピンク  )と同じく、肩甲骨内側に引き上げるには、大菱形筋(赤色  )や小菱形筋(オレンジ色  )がある
肩甲挙筋

支配神経と血管

 腕神経叢肩甲背神経

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 上肢帯 | 胸部


*1 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*2 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*3 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*4 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。