腎細管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は尿細管の項目にあります

 腎細管とは、腎臓の中に無数にある細い管のこと。医学・解剖学では使わない言葉で、かわりに 尿細管または細尿管と呼ぶ。血液から濾過された最初の尿原尿)は、尿細管の中を通過する間に、体に必要な物質が再吸収され、濃縮されて尿になる。尿細管は腎小体から始まり、最後は集合管から腎杯に流れ込むまでを指す。その間はいくつかの部分に分けることができる。腎小体につながる最初の部分が近位尿細管ヘンレのループ中間尿細管)を経て、その後が遠位尿細管になり、これがたくさん合流して集合管になる。これらの細い管をすべて含む言い方。

言語表記発音、読み方
日本語医学尿細管にょうさいかん
細尿管さいにょうかん
一般腎細管*じんさいかん
英語uriniferous tubule**ユーリフェラス・テュービュール
renal tubule**ーナル・テュービュール
* renal tubule の訳語に相当するが、なぜか医学や解剖学の専門用語としては使われない
** tubule は、管 tube に 小さいことを示す -le が付いたもの。~細管~小管と訳される

カテゴリー: 泌尿器系 | 腹部 | 腎臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。