近位尿細管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 近位尿細管とは、腎臓尿細管のうち、腎小体と直接つながった部分のこと。腎小体で血液がろ過され原尿ができると、原尿が最初にとおるところ。

言語表記発音、読み方
日本語医学近位尿細管きんいにょうさいかん
英語proximal uriniferous tubule *プロキシマル・ユーリニフェラス・テュービュール
proximal tubule *プロキシマル・テュービュール
* uriniferous は、urine- 尿の、fero ~を運ぶ、の意味。腎臓についての話題であることが明らかな場合は uriniferous を省いて使われる

 近位とは、基準となる場所に近い場所を意味する言葉で、尿細管では原尿が作られる腎小体を基準としてその近くを指す。尿細管の反対側は集合管につながるが、集合管の近くが遠位尿細管、近位尿細管と遠位尿細管の間に中間尿細管がある。中間尿細管はヘンレループの細い部分である。

 近位尿細管では、流れてきた原尿の半分以上が再吸収され、液量が半分以下になる。このとき、とくにアミノ酸などはほとんど吸収される。

 近位尿細管は、1層の上皮細胞層で囲まれている管で、この細胞には、再吸収の効率アップのため、内側に面した細胞膜刷子縁と呼ばれる微絨毛がびっしり生えていて、細胞の表面積を増やしている。

 近位尿細管は、2つの部分に分けられる。腎皮質腎小体の近くで、くねくねと蛇行する部分が前半部で、近位曲尿細管と呼ばれる。後半部は、皮質から髄質にまっすぐ降りていく近位直尿細管である。近位直尿細管はヘンレループの最初の太い部分にあたる。

カテゴリー: 泌尿器系 | 腹部 | 腎臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。