腎小体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 腎小体とは、腎臓の表面近く(腎皮質)にたくさんある球状の構造。糸球体という毛細血管が糸玉のようにからみあったものを、ボーマン嚢という上皮でできた袋が包んでできている。ボーマン嚢には尿細管がつながっている。腎小体では、糸球体で血液から尿のもと(原尿)がろ過され、ボーマン嚢の内側にたまり尿細管に流れ込む。原尿はその後尿細管を流れる間に尿になる。

言語表記発音、読み方
日本語医学腎小体じんしょうたい
マルピーギ小体*マルピーギしょうたい
英語renal corpuscleーナル・ーパスル
malpighian corpuscleマルギアン・ーパスル
ラテン語corpusculum renaleコルプスクルム・レナーレ
* マルピーギ malpighian は、17世紀のイタリアの組織学者マルチェロ・マルピーギにちなんで

 血管が腎小体に出入りする側は尿細管がつながっている側とは反対側にあり(地球の北極と南極のように)、それぞれ腎小体の血管極尿管極という。

カテゴリー: 泌尿器系 | 顕微鏡レベル | 腹部 | 腎臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。