腸陰窩

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は腸腺の項目にあります

 腸陰窩とは、小腸大腸の管の内側の表面の粘膜に無数にある、目に見えないサイズの細かいくぼみのこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学腸腺ちょうせん
腸陰窩ちょういんか
リーベルキューンの陰窩*
リーバーキューンの陰窩
リーベルキューンのいんか
リーバーキューンのいんか
リーベルキューン腺*
リーバーキューン腺
リーベルキューンせん
リーバーキューンせん
英語複数intestinal glands**,***インスティナル・ランズ
intestinal crypts**,†インスティナル・クプツ
Lieberkühn's glands**,‡
Lieberkuhn's glands
ーバーーンズ・ランズ
Lieberkühn's crypts**,‡†
Lieberkuhn's crypts
ーバーーンズ・リプツ
* リーベルキューン(リーバーキューン)は、ヨハン・リーベルキューン Johann Lieberkühn (Lieberkühn)の名前から
** ごく小さな腺が密集しているので複数形で扱うことが多い
*** 腸腺に対応
† 腸陰窩に対応
‡ リーベルキューンの陰窩に対応
‡† リーベルキューン腺に対応

 腸腺という言い方が一番よく使われる。

カテゴリー: 腹部 | 消化器系 | 消化管 | 顕微鏡レベル | 小腸 | 大腸 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。