臓側胸膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 臓側胸膜とは、の周囲を二重に囲んでいる胸膜のうち、肺の表面にピッタリと張り付いているほうのこと。肺胸膜ともいう。肺にぴったりくっついていない方は、胸壁肋骨肋間筋などのある胸の壁)にピッタリくっついているほうで、これを壁側胸膜という。

言語表記発音、読み方
日本語医学臓側胸膜ぞうそくきょうまく
肺胸膜はいきょうまく
英語visceral pleuraヴィセラル・プーラ
pulmonary pleuraルモナリー・プーラ

 2層の胸膜、臓側強膜と壁側胸膜はひとつづきの膜で、合わせて袋状になっている。2層の胸膜がつながっている地点は、肺に血管気管支が出入りする肺門を囲む位置で、ここで胸膜は折り返されている。臓側強膜と壁側胸膜のすき間は胸膜腔と呼ばれ、周囲を胸膜で囲まれた、通常は少量の漿液胸膜液)だけが入っている空間。胸水がたまるのはこの胸膜腔。

 臓側胸膜はの表面にピッタリくっついているので、肺のいくつかの切れ込み(右肺は3葉、左肺を2葉に分かれる)の部分でも、切れ込みの奥まで肺を覆う。

 胸膜の表面は、腹膜と同じく、中皮細胞が1層シート状になって覆っている。

カテゴリー: 胸部 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。