虫垂

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

虫様突起で、この項目を参照しています

 虫垂とは、または、虫様突起とは、消化管の一部分の名前。大腸のもっとも小腸側の端にある盲腸の先に付いている。長さ~10 cm、太さ数 mm 程度の小さな突起物で、内部は盲腸とつながっているが、行き止まり。ここが炎症で腫れるのが虫垂炎。虫垂炎(いわゆる「盲腸」)の手術では盲腸を取るわけではなく、虫垂だけ取る。

言語表記発音、読み方
日本語医学虫垂ちゅうすい
虫様突起ちゅうようとっき
英語vermiform appendix *ヴェアミフォーム・アンディクス
appendix *ンディクス
ラテン語appendix vermiformis *アペンディクス・ウェルミフォルミス
* vermiform は、虫のような形、appendix は付属物の意味

 大腸の最初の部分は、右の側腹部にあり、小腸が付く場所を境に、上に続く上行結腸と、下にある短い盲腸に分かれる。虫垂は盲腸の下についている。

 虫垂の構造は、結腸盲腸などの大腸に近い構造をしているが、管の直径が非常に細い。虫垂の壁は、リンパ組織が発達している。周囲すべてを腹膜に覆われていて、その一部は虫垂間膜として小腸回腸)などとつながっている。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 器官 | 腹部 | 大腸

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。