血小板

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 血小板とは、血液中に存在する細胞血球)のひとつで、止血や血栓の形成に関係する細胞。細胞とはいってもはなく、細胞質細胞膜で囲まれてできているだけの細胞のかけらのようなもの。

言語表記発音、読み方
日本語医学血小板けっしょうばん
英語(blood) platelet *(ブラッド・)プイトレット
thrombocyte **ンボサイト
* plate(板)に -let(指小辞=小さいものに付く)がついた形。血小板は これを訳した言葉
** thrombo- は血栓、-cyte は細胞

 血小板は不定形で、血液中では円盤のような平たい袋状をしている。大きさは赤血球よりもずっと小さく直径2~3μm。血管が傷ついて破れると、破れ目に血小板がベタベタと貼り付き、更に血小板どうしが凝集してふさぐことで止血が起こる。血小板が少ないと、体のあちこちで常に自然に起きている血管からの小さな出血がなかなか止まらなくなる。

 血小板は骨髄で作られる。骨髄の巨核球細胞質の一部は細く伸びていて、それがちぎれて血液中に出て血小板となる。血小板は細胞質だけなので、細胞分裂などはしない。血液中での血小板の寿命は10日ほどで、脾臓で吸収される。

カテゴリー: 循環器系 | 血液 | 結合組織 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。