赤血球

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

RBCでこの項目を参照しています

 赤血球とは、血液のなかに含まれている細胞(=血球)のひとつで、ヘモグロビンという赤い色素が含まれていて赤く見えるのでこう呼ばれる。ヘモグロビンは酸素に結合するので、血液が酸素を運ぶ働きをする。血液に含まれる細胞には、赤血球以外に白血球血小板がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学赤血球せっけっきゅう
略語RBC*アール・ビー・スィ―
英語red blood cellッド・ブッド・
erythrocyteスロサイト
* RBC は、red blood cell の略

 赤血球は骨髄でつくられる。赤血球のもとになるのは骨髄にある赤芽球という細胞で、赤芽球がたくさん分裂したあと、最後に細胞からがなくなり(=脱核)、赤血球が完成する。ヒトを含む哺乳類(ほにゅうるい)の赤血球には細胞核がない。

 血液中の古い赤血球は脾臓マクロファージに食べられて分解される。 赤血球は胎児では肝臓でもつくられる。

カテゴリー: 循環器系 | 血液 | 結合組織 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。