陰茎

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

ペニスでこの項目を参照しています

 陰茎とは、ペニスともいい、男性生殖器系に含まれる器官で、内部の海綿体の働きで硬くなり(陰茎勃起)、女性生殖器に差し入れられるようになっている(性交)。陰茎の内部には尿道が通っていて、精子の含まれる精液射精時の通り道になっている。陰茎の尿道にはもちろん排尿時には尿が通るので、泌尿器系の器官でもある。

言語表記発音、読み方
日本語医学陰茎いんけい
ペニス
ラテン語・英語penis(英語読み)ーニス
(ラテン語読み)ペニス

 陰茎は、男性の体幹(胴体)の下端、会陰部にある突起状の構造で、前方に向けて飛び出している。骨盤底骨盤隔膜のそばから起こるが、その最前部に相当する場所にあり、骨盤底の前端をつくる恥骨結合の近くにある。

 陰茎のなかには尿道が通っていて、陰茎の先端の外尿道口で体外につながる。通常時の陰茎は柔らかく、下に垂れ下がっているが、勃起時には硬い棒状になり、前方にのびる。垂れているときの前面=勃起時の上面を、陰茎の背側、垂れているときの後面=勃起時の下面を腹側という。

 勃起を起こすのが海綿体で、陰茎内部には3本の海綿体が、陰茎の根本から先端まで入っている。背側に2つ並んでいるのが陰茎海綿体で、勃起のときに特に硬くなる。腹側にある尿道海綿体は尿道を囲んでいて、陰茎海綿体ほど固くならない。尿道海綿体は陰茎の先端で陰茎海綿体も包むように広がり、亀頭をつくっている。

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 器官

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。