海綿体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

勃起組織海綿組織でこの項目を参照しています

 海綿体とは、血管が網の目のようにつながって、全体としてスポンジ状になった組織でできた構造のこと。この網の目状の血管に血液が充満すると、それにより全体が膨張し、硬くなる。これは勃起と呼ばれる。海綿体を作っている組織を、海綿組織または勃起組織と呼ぶ。男性の陰茎、女性の陰核などにある。

言語表記発音、読み方
日本語医学海綿体かいめんたい
英語cavernous bodyヴァナス・ディ
ラテン語・英語corpus cavernosum(ラテン語読み)ルプス・カウェルノースム
(英語読み)コーパス・カヴァーナサム
- 海綿とは、海に住む原始的な動物のことで、スポンジ状の体をもっている。スポンジは日本語では海綿と呼ばれ、海の海綿からつくられるものだった

 海綿体の中にある血管は、細い静脈に相当する血管で、海綿体静脈洞(または海綿体洞あるいは洞)という。海綿体静脈洞の間の細い壁の部分を小柱という。海綿体静脈洞は、静脈とはいっても、細い動脈から、主として毛細血管を介さずに直接つながっている静脈である。これを動静脈吻合という。細い動脈は、普段は細くて血液があまり流れ込んでこないが、この動脈が太くなるとき、海綿体静脈洞への血液の流入量が急激に増加し、血液によって組織全体が膨らむ。

 海綿体の動脈の太さの調節は、自律神経によって行われていて、動脈の壁にある平滑筋は、普段は交感神経のはたらきでずっと収縮しているが、勃起時には副交感神経の刺激によって収縮がとまり、動脈が太くなる。

海綿体の例

陰茎海綿体
 男性の陰茎に1対ある棒状の海綿体。白膜という、コラーゲン線維に富んだ密性結合組織の層に包まれているが、左右にくっついてならんでいて、その間は一部が融合している。陰茎の勃起を引き起こす主要な役割を持つ海綿体。
尿道海綿体
 男性の陰茎で、陰茎海綿体の下側にあり、尿道を包むように存在する海綿体。亀頭もつくる。
陰核海綿体
 女性の陰核にある海綿体。男性の陰茎海綿体と相同だが、サイズはずっと小さく痕跡的。

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 女性生殖器系 | 陰茎 | 陰核

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。