陰部神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 陰部神経とは、脊髄から出る仙骨神経から起こる末梢神経のひとつ。主に支配するのは、外肛門括約筋肛門挙筋尿道括約筋など、骨盤内臓外部生殖器の運動やこれらの部位の感覚である。

言語表記発音、読み方
日本語医学陰部神経いんぶしんけい
英語pudendal nerve*ピューンダル・ーヴ
pudic nerve*ピューディック・ーヴ
ラテン語nervus pudendusネルウス・プデンドゥス
*pudendal、pudic は「外陰部の」「外部生殖器の」の意味

 脊髄神経の第2~第4仙骨神経(S2、S3、S4)の前枝吻合してできる神経で、仙骨神経叢に含めることもあるし、単独で陰部神経叢と呼ぶ場合もある。

 骨盤内から目的の臓器に行く途中で、いったん骨盤内から殿部に出て、また骨盤内に戻る。このときに通る穴は、出るときは大坐骨孔梨状筋下孔を通り、骨盤内に入るときは小坐骨孔を通る。その後、3本のおもな枝、下直腸神経会陰神経陰茎背神経(男性の場合、女性では陰核背神経)に分かれる。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 腹部 | 脊髄神経

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。