外肛門括約筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

肛門括約筋でこの項目を参照しています

 外肛門括約筋とは、肛門を取り巻くように走り、肛門を閉じる働きがある肛門括約筋)のうち、肛門の出口近くにあるほう。括約筋とは、何かを取り囲んでいて、収縮するとそれが閉じるような筋のこと。肛門括約筋は肛門を閉じる働きがある。内肛門括約筋平滑筋でできていて、自律神経によって調節されるに対し、外肛門括約筋は骨格筋横紋筋)で、意識的に収縮をコントロールする筋(随意筋)。便意を我慢するときに収縮し、排便時にゆるめる。

言語表記発音、読み方
日本語医学外肛門括約筋がいこうもんかつやくきん
英語external anal sphincterエクスーナル・イナル・スフィンクター
ラテン語(musculus) sphincter ani externus(ムスクルス・)スフィンクテル・アニ・エクステルヌス

 外肛門括約筋は、肛門管の部分を取り巻いている。ただ肛門のまわりをくるりと取り巻くというよりも、肛門周囲のいくつかの場所(前部では会陰腱中心恥骨、後部では尾骨など)をつないでいるいくつかの筋の一部が肛門を取り巻くように変化したもの。これらの筋には、後部で恥骨直腸筋浅会陰横筋などがある。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 腹部 | 肛門 | 直腸 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。